モンキーピーク 1巻 ネタバレ感想!【山をなめるなよ!】

モンキーピーク 1巻 ネタバレ感想!【山をなめるなよ!】


こんにちは山田さんです♪

 

今回は「モンキーピーク」の紹介です
この漫画、山岳物と思っていたらパニックホラー
謎も多いしサクサク読めます♪
かなりオススメです

 

まんが王国で無料試し読みできますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
※「モンキーピーク」と検索してね♪

 

モンキーピーク 1巻のネタバレ感想です。

 

「いいか稜・・・」
「人を幸せにできる人間になれ」
「それには笑顔だ 忘れるな稜」
「笑顔だ」

 

社員の結束を高める為のレクリエーションで「岩砕山」別名「鬼猿岳」と呼ばれる山に来た早乙女稜
社員達は険しい山に苦戦する

同じ班のメンバー岡島がはしごを上っている途中に手をすべらし落下しそうになる
それを助けたのが宮嶋
騙されてスーツ姿で登山に来ていた
何とか無事頂上につきテントで睡眠を取っていたら叫び声が・・・

 

早乙女が外に出るとそこにはナタをもった大きな猿がいた
さるは静かに去って行ったが
そこには無惨にも切り刻まれ、殺された人たちがいた

 

えっ!?
猿?
殺人?

 

混乱す社員達
頂上で集めた携帯は何者かに奪われ、外部との連絡は取れない・・・
皆で一カ所に集まり朝を待つことに

 

朝になり
下山しようと班ごとに出発する
標識に従い進んで行くが、それはだった

 

早乙女は先に行った班に引き返すよう伝えに行った

 

そんな中、後ろに突然が現れ人を切りかかる
混乱した人は急いで逃げようとし滑落してしまう

 

落ちて死んだ者、骨を折るなど重傷者がでてしまう

社長がこのまま進もうとするが、早乙女は
「この先は岩砕山はだ・・・行っちゃダメです あの山は絶対越せない!」
と忠告する

しかし、1人が早乙女は信用できないと言う
「高校の時一人殺してるって話じゃねえか」
何も答えない早乙女

 

長谷川さんの提案で
山小屋へ避難し助けを呼ぶ隊とけが人とこの場に残る隊の2つに分かれる事になった

 

山小屋への道はとても険しく疲労のせいでギスギスしていった

 

そんな中、ふと下を見るとその場に残った隊のもとにが襲いかかっていた
早乙女と安斎は助けに行こうと走りだした

 

しかし着いた時には猿はいなかった
斉藤と話していると突然どこからともなくが襲ってきた
2人で応戦した結果、猿は崖を下って逃げていった

 

猿に襲われ全滅したと思っていた隊だが
岡島が身を隠し生き延びていた

2人を引き連れて山小屋へ向かっている途中、南が早乙女に

「オマエ本当に 人一人殺したのか?」

「・・・それは違うオレが殺したのは2人だ」

 

皆と合流して山小屋を目指す一同だが
急な坂や強い日差しなどで乾きが加速し、残りの水も少なくなっていった

このままだとすぐに水が底をつくため
全ての水を集めて平等に配給する事になった

そんな中、飯塚は隠し持っていたドリンクを飲んでいた
それを見た藤柴は分けてもらう代わりに飯塚と同盟をむすぶ

 

素人の登山である為、時間がかかりすぎた
日が暮れ始め山小屋までは行けないとと判断し途中で野宿する事になった

「ぎゃああああああ」

声のほうへ行ってみるとが血まみれで倒れていた
そして暗闇にの姿が・・・・

石を投げ猿を追い払おうとするが
なんと猿は弓で矢を放ってきた

パニックになる一同だが、安斎が応戦し早乙女と宮田が岩を落とし猿を追い払った

一夜明け辻の死体を見た宮田が

「サッチー ・・・これ・・・本当に猿がやったのかな・・・」

 


 

会社のレクリエーションで登山ってイヤですね・・・
不思議な事に他の登山者もいないし
初心者は無理せず初心者用の山へ行きましょう
決して良い子は真似しないように^^
さて、とてつもない能力の猿ですが人間が着ぐるみ?を着ているのでしょうか
とても知能が高く、訓練されているように見えます
そして最後に宮田が言った一言・・・
このメンバー誰も信用できませんね
生き残るのは誰でしょう
先が気になりますね♪

 

2巻につづく

モンキーピー2巻のネタバレはこちです。


 

まんが王国で無料試し読みできますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
※「モンキーピーク」と検索してね♪


 

んが王国で無料試し読みする方法

 

①検索窓にタイトルを入れて
 検索!

 

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

②読みたい漫画を
タップ!

 

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

③「無料試し読み」を
タップ!
※「じっくり試し読み」だといっぱい読めるからラッキー!

 

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

④「ウェブで読む」
  or
 「アプリで読む」を
タップ!
※「ウェブで読む」は今見ているブラウザで読めます!
「アプリで読む」はアプリのダウンロードが必要です!
ウェブのほうが簡単に読めますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪