監禁嬢  1巻 ネタバレ感想!【お前は誰なんだ!?】

監禁嬢  1巻 ネタバレ感想!【お前は誰なんだ!?】


こんにちは山田さんです♪

 

今回は「監禁嬢」の紹介です
この漫画はエロくて怖いです・・・
ですが、引き込まれます
「なぜ?」「なんでしってるの?」「何が目的?」
様々な疑問が湧いて出て
読むのをやめられません・・・
オススメです♪

 

まんが王国で無料試し読みできますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
※「監禁嬢」と検索してね♪

 

監禁嬢 1巻のネタバレ感想です。

 

「目・・・覚めたみたいですね・・・」
「だーれだ?」

大きな鏡の前・・・椅子に裸で椅子に拘束されている「岩野裕行

 

知らない女が裕行に問う

「これからアナタにいくつか問題を出します」
「だーれだ?」
見せられた写真には裕行の妻「美沙子」娘の「日輪子」が・・・

 

肩の痛みと女の付けている南京錠を見て、
裕行はここまで連れてこられるまでのことを思い出した・・・

 

妻のお願いで娘のオムツを買いに行った帰り道
南京錠を付けた女が倒れていた
裕行が声をかけた時
突如女はカギで裕行の肩を刺し、スタンガンで気絶させたのだ

 

「それでは2問目」
「だーれだ?」
それは裕行が担任しているクラスの生徒「藤森麻季」だった
裕行は藤森麻季に告白され断っていた・・・

「要求はのむ・・・頼むから家に帰らせてくれ・・・」

「いつからそんなに・・・・つまらない男になっちゃったんだ・・・」
冷たい目で話す女

「もういいです」

女は鏡に裕行の関係している人の写真を何枚も貼っていく

 

「それじゃあいよいよ本題!」
「さっきからずっと気になってるでしょう・・・」
「私が誰なのか? 私の目的は?」
「難しそうなんでヒントをあげます・・・これでも思い出せませんか?」

女は手で裕行の性器をしごきだす
「これでも?」
口でくわえる女
「これでも?」
女は裕行のモノを自分に挿入する

 

「私のコトは・・・”カコ”って呼んでください」
「アナタの記憶の中に私はいます・・・」
「アナタが私を思い出せないのは・・・アナタがアナタを忘れたからです」
「早く会いたいなぁ・・・あの頃のアナタに」

 

「私が誰なのか 私の目的は 2つ同時に答えて初めて回答のみなします!」
「じゃあ私は用があるんで」
去ろうとする女に妻と子には手を出さないよう頼む裕行
「・・・わかってますよ (今はまだ・・・ね)」

 

学校では岩野先生帰ってこないため奥さんが捜索願を出しに行くと職員が話していた
偶然それを聞いた藤森麻季

麻季は欲しいものは何でも手に入れてきた
手に入らなかった岩野先生
麻季は岩野先生のことを考えながらトイレでオナニーをしていた

「岩野裕行」

隣の個室からの声・・・

逃げようとする麻季だが捕まってしまう
「喚くなよガキが」
カコがそこにいた

「岩野裕行 先生が欲しいんでしょ?」

カコはスマホを見せる
そこには拘束された裕行の姿が・・・
「岩野裕行は麻季ちゃんにあげる」

 

裕行のいる場所に麻季が現れる
「先生っ・・・!」
「藤森・・・?」

「先生・・・麻季と付き合ってください!」
裕行に抱きつく

「藤森お前・・・あの女とグルなのか・・・?」
「ヒドいよ先生・・・ここまで来るのどんだけ怖かったか・・・麻季頑張ったんだよ・・・」

 

 

「先生に死んでほしくないなら・・・余計なことしないでね」
麻季はカコに脅されていた
カコは麻季に何で先生に固執するのかを聞く
麻季は先生は「みんなの人」で、そんな人を自分のものに出来たら
そいつら全員馬鹿にできるから最高だと言う
カコは裕行をオトせと指示する

 

(そう麻季は頑張った・・・この男を自分のモノにするために!)

 

「先生・・・チューしてみ」
「今 先生の命は麻季が握ってる 分かったら黙って言うこと聞けよバカ野郎」

拒否する裕行

「そーゆー態度とっちゃうんだ 罰として ココ舐めろ」
パンツを脱ぎ、裕行の顔に股間をあてる・・・
「ほら どーしたの? 舌出して舌・・・」

「先生見える・・・?嫌なフリして・・・こんなんなっちゃってるよ・・・」
「麻季に興奮しちゃったの?」
「しょうがないなぁ・・・」

裕行のモノを挿入しようとする

 

「待て藤森 付き合うからやめてくれ・・・」

 

これからのことは麻季が決める
麻季が飽きるまで別れられない
もし破ったら奥さんや学校に全てしゃべる
これらを約束させられる裕行

 

解放され小屋から出る2人

 

その瞬間、小屋が爆発炎上する

その場から逃げる途中、麻季に裕行からメールが来る
裕行の携帯はカコにとられていた

添付された動画を見ると
麻季が裸の裕行にまたがっている映像だった
カコの口封じだった

 

無事家に帰る裕行だがお客さんが来ていた
それは カコだった・・・

カコは以前から裕行の妻と知り合っていた
麻季とのことがあるため妻に何も話せない裕行
一見すると平和な食卓だった
「ごちそうさま」カコは帰って行った

裕行は自分の過去を思い出そうとしていたが、全く分からない

翌日、学校に行くとミスが多く
(”俺”ってどうやるんだっっけ?)

放課後、麻季に美術室へ連れ込まれる
「ズボン脱げ」
「じゃあ次は・・・じぶんでやってみ」
自慰するがしぼんでくる
「しょーがないなぁ・・」
咥える麻季
麻季の顔に射精する裕行
「おしおきおしまい!」

 

帰りに非通知の電話が・・・
走り出す裕行
歩道橋の上に日輪子を抱いたカコがいた
「危機感・・・当事者意識が足りません」
「私はアナタを殺せません」
「でも アナタ以外の命なら私は執着しない・・・」
「こんな風に」

日輪子を歩道橋の上から投げ捨てるカコ・・・

 


 

いやいや1巻から展開が早すぎてお腹いっぱいです♪
最初は絵が好みじゃないと思っていたんですが、
読んでいくと全く違和感を感じません・・・
逆にピッタリ♪
お話は着地点が見えないサスペンス
まったく私はいい読者ですよ・・・
いろいろなことが早く知りたいですが
ここはじっくり楽しませていただきましょう♪
かなりオススメです♪

 

2巻につづく

「監禁嬢」2巻のネタバレ感想はこちです。

 


まんが王国で無料試し読みできますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
※「監禁嬢」と検索してね♪

 

んが王国で無料試し読みする方法

 

①検索窓にタイトルを入れて
 検索!

 

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

②読みたい漫画を
タップ!

 

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

③「無料試し読み」を
タップ!
※「じっくり試し読み」だといっぱい読めるからラッキー!

 

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

④「ウェブで読む」
  or
 「アプリで読む」を
タップ!
※「ウェブで読む」は今見ているブラウザで読めます!
「アプリで読む」はアプリのダウンロードが必要です!
ウェブのほうが簡単に読めますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪