監禁嬢  4巻 ネタバレ感想!【演じてた役の1つを失ってしまう・・・】

監禁嬢  4巻 ネタバレ感想!【演じてた役の1つを失ってしまう・・・】


こんにちは山田さんです♪

 

「監禁嬢」3巻のネタバレ感想はこちです。

 

まんが王国で無料試し読みできますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
※「監禁嬢」と検索してね♪

 

 

監禁嬢 4巻のネタバレ感想です。

 

「ゴメンね カコちゃん・・・でも・・・自分が死にそうになった時より
・・・これから人を殺すって今の方が全然怖い」
車の中で柴田が言う

 

森の中・・・
「おはようございまーす」
皮谷は木に縛り付けられている

「皮谷健 アナタは今日ここで死にます」

カギで皮谷を刺すカコ

 

「カコちゃん待って!私にもやらせて」

「・・・いいよ じゃあ見せてもらおう・・・君の覚悟を尊重するよ」

 

皮谷を刺す柴田だが
手をすべらせカギを落とす

カギを拾おうとする柴田だが、隠し持っていたペンでカコに襲いかかる

「ねぇ茜ちゃん・・・何で?」

「わかってる!どうしようもないクズだよ!それでも家族はクズの帰りを待ってるの!」
「もうやめようよカコちゃん・・・」

「やっぱり君はおもしろい」
「わかったよ・・・わかったけどゴメン ちょっとそれはのめないね」

柴田が落としたペンで柴田を殺すカコ
「ありがとう茜ちゃん・・・君のことは私が絶対覚えてる・・・忘れないよ」

 

助けを乞う皮谷・・・
「茜ちゃんに免じて・・・一思いに殺してあげるよ」

 

文化祭当日

 

葵を見つける麻季
葵は裕行に訊きたいことがあるらしい・・・

「葵ちゃんも来たんだ・・・ちょうどいい・・・より祭りが盛り上がる・・・」
その2人を見つめるカコ

 

放送室で1人でいる麻美
そこに柴田から「美術準備室にプリントを取りにいってほしい」とのメールが・・・
カコが柴田の携帯から送っていた
放送室を出る麻美

 

裕行は葵と麻季に会う
裕行と葵は2人で屋上で話をする
葵は裕行のことを人づてに聞いていた
「美沙ちゃんの何が良かったん?」
「何で私やなくて美沙ちゃんを選んだん?」

 

美術準備室に入った麻美は待ち伏せしていたカコに襲われる
カコは変装し美術準備室を後にする・・・

 

放送室に入るカコ
「お待たせしました岩野さん・・・約束通り・・・大ヒントの時間です」

カコはBGMを止め、違う曲を流す

それを聞いた葵と裕行はあせる・・・
その曲は大学の時、葵が初めて作った曲だった・・・

 

大学時代、裕行と葵は学科は違ったが一般教養の授業が一緒で友達になった
1年後2人は付き合うことに
美沙子は葵の友達で、葵に出会う1年ほど前に出会っていた
裕行と葵は卒業後、東京で一緒に暮らし始めた
裕行はバイトをするが葵はそれを認めなかった
「ヒロくんは嫌なこと一つもせんでええねん・・・バイトなんてしてる暇があったら・・・1枚でも1行でも1文字でも多くの言葉を書いて・・・好きなことだけしてればええねん・・・」

 

小説の新人賞に6回目も落選した裕行だが、そこに茜が帰ってくる
「ヒロくん私やりました 何やら私のバンド デビュー決まったっぽいです」

スポットライトを浴びる茜をみて絶望する裕行

 

葵にお金を渡す裕行
「別れよう」

「何でやねん 何が不満なん? 私はヒロくんの為に働いて・・・ヒロ君の好きなことだけできる様にしてるやん・・・」

「それがキツいんだよ」

自分に才能がないと悟る裕行

「ヒロくんの為 ヒロくんの為って・・・それ全部自分の為だろ!?」
部屋を後にする裕行

泣きながら追いかけてくる茜
「別れたら私死んだんねん・・・私が死んだらヒロくん・・・一生後悔すると思うけどなぁ・・・」

追いすがる茜を振り払って去る裕行・・・

 

屋上にいる2人
「・・・とりあえず話は後だ葵・・・この曲の音源・・・ほんとにお前の実家にしかないんだな?」
「え・・・うん」
「実家に連絡して確認してみてくれ」
「折れは放送室へ行く」

「ヒロくんちょっと待って!一つだけ訊かせて 美沙ちゃんの何が良かったん?」

「美沙子と付き合い始めてしばらくして・・・訊いたことがあるんだ・・・」

裕行は美沙子になんで小説書けとか定職につけとか言わないか尋ねた
美沙子はどっちでもいい・・・
裕行は理想の自分に近づくため基本もがいていて、それは変らないと言った
「せやからウチは それがヒロちゃんなら別にいい」

 

「俺は美沙子といることで・・・満たされたんだ」
「お前に罪悪感はあったけど・・・何を言っても言い訳で・・・でもこれがお前の訊きたいことのすべてだよ」

 

その時、曲が終わった

 

『いやーやっぱいい曲だよねー』

『初めて作った曲だけあって葵の原液っていうか・・・」
聞き覚えのある声がスピーカーから聞こえてきた・・・

走り出す裕行

(何だ!?何が起こって・・・これってもしかして・・・録音された2人の会話・・・!?)

『アンッアンッアンッ ヒロくん好き 大好き』
『ヒロくん私も・・・言葉が欲しい』
『葵 好きだよ』
『あっ ヒロくん それアカン それすぐいってまうからぁあああああ』

 

放送室のカギを閉めゴミ箱に捨てるカコ

 

放送室に付いたが中に入れない裕行

 

『やばい葵 俺もう・・・』
『ダメ待って!』
『一緒に・・・』

 

11月5日

益高文化祭

この日 俺は

役を1つ失った・・・・

教師という役を

 


 

怒濤の展開でしたね・・・
でもなんで大学時代の2人の会話が録音されていたのでしょうか
カコとの出会いも大学時代だったのでしょうか
カコはその後裕行が手に入れたものを1つ1つ奪う気なのかな〜
教師はミッションコンプリート!
となると、次は家族かな!?
美沙と日輪子が心配ですね・・・
教師じゃなくなった裕行に対して麻季はどう接するのでしょうか
先が気になりますね♪

 

5巻につづく


まんが王国で無料試し読みできますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
※「監禁嬢」と検索してね♪

 

んが王国で無料試し読みする方法

 

①検索窓にタイトルを入れて
 検索!

 

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

②読みたい漫画を
タップ!

 

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

③「無料試し読み」を
タップ!
※「じっくり試し読み」だといっぱい読めるからラッキー!

 

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

④「ウェブで読む」
  or
 「アプリで読む」を
タップ!
※「ウェブで読む」は今見ているブラウザで読めます!
「アプリで読む」はアプリのダウンロードが必要です!
ウェブのほうが簡単に読めますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪