無職強制収容所 3巻 ネタバレ感想!【収容所を出ても監視されている?実験されている?】

無職強制収容所 3巻 ネタバレ感想!【収容所を出ても監視されている?実験されている?】


こんにちは山田さんです♪

 

「無職強制収容所」2巻のネタバレ感想はこちです。

 

まんが王国で無料試し読みできますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
※「無職強制収容所」と検索してね♪

 

無職強制収容所 3巻のネタバレ感想です。

 

沙也は病院で目を覚ます

担当の看護師は沙也の同窓生だった
看護師は退院後に沙也の配属される部隊は搬送部になると思うと話す

 

インターネットカフェでネットに書き込みをする相沢を見つける神条
「3秒数える その間に出てこい」

 

神条と富田は保安局に異動となった

 

街を歩いていた神条は愛美に出会う
「もうあれから1年だね・・・」
「愛美は今仕事してるのか?」
「さあ・・・ 会えて良かった じゃあね」

別れた後、愛美は電話をする
「はい・・・接触しました 問題ないと思われます また随時連絡します」

「達也・・・任務を遂行する前に死なないでね」
「スリーパープロジェクトは彼らの拠点を探り出すためでもあるけど あなたを試すためでもあるのよ・・・」
「プロジェクトも半分以上進んでいる・・・」
「もう一年もたったんだよ いつまで待たせるつもりなの?」

 

 

神条と富田は第8搬送部隊の所属となった
隊長は「長内康介
長内は「高村律男」はじめ隊員を紹介する

 

再生処理施設の場所はトップシークレット
神条はなんでこれほどの手順を踏むのか、なぜ軍隊なみの装備が必要なのかを長内に聞く
「俺たちがやっているのが・・・戦争だからだよ」

 

RATSとは反対勢力が1つに集約された組織
RATSの戦闘力は強くなる一方だった

 

コンクリートの高い壁の中に入る第8搬送部隊
「襲撃があるとすればここからだ」

 

山奥には施設があった
再生対象者を引き渡た帰り道
遠くで爆発がおきた

神条達の班は護衛に向かう

現場に着き偵察をしているとロケットランチャーで車を爆破されてしまう
多数のRATS兵が銃撃してくる

応戦しながら山に逃げ込む神条達

神条はRATSに囲まれる
(生きなきゃ ならないなら・・・)
神条の目に変化が・・・

神条はRATSを倒していた

 

神条は捕まったメンバーを助けにいこうとするが銃口を頭に突きつけられる
(!?いつの間に・・・)
「降参する・・・」
振り返るとそこには速川ショウがいた

 

捕まった神条は皆のところに連れて行かれた
隊長は必要ないと言われ速川に射殺された

連れてこられたところは廃村

リーターの前に連れて来れられる神条達

RATSのリーダーは女だった
「よく来たわね RATSはあなたたちを歓迎するわ」
彼女の名前は「梨花
神条達をスカウトする

高村は
「テロリストと交渉はしない」

「政治家の犬ってことか・・・他の人も同じ意見?」
「でもごめんね・・・あんたたちに拒否権はないの」

神条達は一度装着すると取れない腕輪をつけられる
逃げようとするとドローン爆弾が殺しにくるのだ

 

神条はリーダーにある部屋へ連れて行かれる
そこには拘束されたブッチがいた

「彼は特別なの なぜなら・・・」
「彼はRATSのリーダーだったから」

梨花は神条にブッチから情報を聞き出すように言われる
拒否するブッチ
「彼を説得して でないと2人とも死ぬことになるから」
2人を置いて部屋を出て行く

 

話しだす2人
「今のRATSはテロリストだ 俺も同じようなもんだが・・・」
「RATSのリーダー あの女は?」
「如月梨花 俺のオンナだった」

 

RATSはデモを統率するためのクループだったが、どんどん過激になっていった
銃を持つ者も現れ暴動に変ってしまった
そして如月の弟が射殺された
「裏で暴動を仕掛けた誰かがいたはずだ」
「誰かが・・・法案を可決させるためにあえて暴徒化させた」
「その後梨花がリーダーになった」
「今もどこかのスポンサーがついて武器を提供しているはずだ」
「俺は自分の組織を持った 梨花が狙っているのは仲間のカズというハッカーと組織の拠点」
「そして俺が収集した再生処置施設のデータ」
口の中からUSBメモリーを出す

アジトが襲撃される

神条はブッチを人質にして逃げ出す
それは2人の芝居だった
「さっきの言葉・・・いったん信じてみる」
それは無職強制収容所の真実・・・非労働者再生法の裏側それを神条に見せるということだ

襲撃した保安局の兵士はゲームのように点数をつけて遊んでいた

逃げ出した神条達は山から見下ろし
「まさに本物の戦争だ」
「軍人になった無職達とテロリストの戦い」
「強制収容所で洗脳をして・・・軍人を作り戦場に出す」
「まるで新車の性能を確かめるテストみたいじゃねぇか」

「おいハンサム君 生きてたのか?」
3号車チームが無線で連絡すると
「発見した捕虜は敵とみなし射殺しろ」

「こんなことまでしたくはなかったけどな」
銃口を向けられる神条達

「達也 あの収容所だけが檻だと思っていただろ?」
「違う 新車は必ず衝突実験をするんだよ」
「収容所だけじゃない この戦場も 無職達を閉じ込める巨大な強制収容所だ」

 


 

愛美は結構重要なポジションみたいですね
電話の相手は誰なのでしょうか・・・
またRATSの正体が以外にアッサリ分かりましたね
思ったよりショボいテロリストのようでした
一瞬出てきた沙也が重要な役割を果たす気がします
ブッチといい沙也といい初期の登場人物は謎が多いですね
あと、神条はやっぱり何かされてるでしょ・・・
追い詰められると覚醒するみたいだし
スリーパープロジェクトと何か関係があるのでしょうか・・・
つづきが気になりますね♪

 

4巻につづく


まんが王国で無料試し読みできますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
※「無職強制収容所」と検索してね♪

 

んが王国で無料試し読みする方法

 

①検索窓にタイトルを入れて
 検索!

 

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

②読みたい漫画を
タップ!

 

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

③「無料試し読み」を
タップ!
※「じっくり試し読み」だといっぱい読めるからラッキー!

 

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

④「ウェブで読む」
  or
 「アプリで読む」を
タップ!
※「ウェブで読む」は今見ているブラウザで読めます!
「アプリで読む」はアプリのダウンロードが必要です!
ウェブのほうが簡単に読めますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪