巨蟲列島 1巻 ネタバレ感想!【寄生され、餌にされ、殺されていく・・・】

巨蟲列島 1巻 ネタバレ感想!【寄生され、餌にされ、殺されていく・・・】


こんにちは山田さんです♪

 

今回は「巨蟲列島」の紹介です♪

修学旅行中の生徒が乗った飛行機が墜落
生き延びた者たちは無人島に流れ着きます
しかしその島には巨大化した虫が・・・
様々な虫に襲われ次々に死んでいく人達
みんなはこの島から生きて出られるのでしょうか

 

ebookjapanで無料試し読みできますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
※「巨蟲列島」と検索してね♪

 

巨蟲列島 1巻のネタバレ感想です。

 

修学旅行へ向かう鳳翔高等学園の生徒を乗せてた飛行機が謎の事故で墜落してしまいます

ある島の海岸で目を覚ます『織部睦美
最初は動揺しますが、冷静さを取り戻し状況を分析します
食料としてフジツボを獲っていると『松岡歩美』(キャプテン)と出合います
生存者がいた事を喜ぶ2人は、睦美の分析による救助までの日数『3日』を生き抜く決意をします

ためになる知識が結構書いてあります
※5円玉を水につけ、真ん中の穴に水滴で凸レンズを作り光を集めることが出来る
※飛翔昆虫のほとんどは逃げる時、ほぼ本体後方45度の角度で飛び上がる
など・・・しりませんでした

 

一方、睦美の親友『成瀬千歳』も生存していて数人の生徒と行動していました
千歳たちは巨大な蝶に遭遇
巨大な蝶はストロー状の口を生徒達に刺し、生徒達はミイラのようになってしまいます
悲鳴を聞き、睦美とキャプテンが合流します
ナイフも通用しない蝶に睦美はスプレーとライターで火をつけ撃退に成功します

再開を喜ぶ睦美と千歳ですが、千歳が巨大なハチに捕まり連れられていってしまいます
助けにいこうと言うキャプテンですが、自称リーダーの『上条アツシ』が止めます
神野美鈴』と『甲斐和彦』も上条に同意します
しかし睦美は使える携帯が無いと、GPSで場所や標高がわからないため蟲から生き残る確率が減ると言います
そして千歳は使える携帯を持っていたと話します
みんなは千歳を救出に向かいます

睦美は蟲の知識をつかい、みんなを誘導します
辿り着いた場所は民家でした
巨大なゴキブリを心配する女の子達ですが睦美は大丈夫だと言います

※ゴキブリは絶対に巨大化しない ゴキブリは小さく素早くなるように進化した臆病な種類
だそうです
ゴキブリはキツいですよね
蝶、ハチはまだ我慢できますが
巨大なゴキブリは絵でも嫌です!
最初からクセのありそうなメンバーがそろいましたね
一緒に行動したくない・・・

 

民家に入ってみると生きたまま幼虫に食べられている人間の姿
甲斐はその人達の持ち物から携帯を見つけます
外に出るとハチが1人の人を連れて飛んでいきます
それはアツシの親友アキラ』でした
アツシはアキラを助けにいきます
睦美はアツシの後を追い、2人はアキラとそこにいた千歳を救出します
ハチは睦美の知識を使い同士討ちさせました

 

その場から離れた睦美たちですが、今度はマダニの巣に入ってしまいます
ここも睦美の指示でなんとか突破しましたが、その先に人影が…
それは先生でしたが、巨大化してないマダニに全身を覆われていました
助からないと判断した睦美は先生を残し、みんなに走って逃げるように言います
海岸に辿り着き
睦美は裸になって海には入り、マダニを洗い流すよう指示します

マダニも気持ち悪い・・・
虫は嫌い

 

ひと時の安息
三浦真美はレズのキャプテンに、美鈴もアツシに近づき利用するために肉体関係を持ちます

女性は怖いですね〜
でもこの状況では、自分を守ってくれる人に近づくのは仕方ないですかね〜

 


 

突然、巨大化した虫たちの生息する島に・・・
考えただけでもゾッとします

主人公は女性ですので力はありません
ですが、昆虫の知識を使いみんなを導きます
昆虫博士っぽい人はクラスに1人くらいいてもおかしくないですが
この子は本当の博士みたい

島は人が住んでいた形跡はありますが
誰とも出会いません
みんな虫に殺されたのでしょうか
逃げたのでしょうか
どちらにせよ今の時代にこんな事があったらニュースになりますよね

誰かが情報を操作しているのか・・・
今後の展開が気になりますね♪

 

2巻につづく

「巨蟲列島」2巻のネタバレ感想はこちです。


ebookjapanで無料試し読みできますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
※「巨蟲列島」と検索してね♪