巨蟲列島 4巻 ネタバレ感想!【救助隊到着!・・・しかし・・・】

巨蟲列島 4巻 ネタバレ感想!【救助隊到着!・・・しかし・・・】


こんにちは山田さんです♪

 

「巨蟲列島」3巻のネタバレ感想はこちです。

 

ebookjapanで無料試し読みできますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
※「巨蟲列島」と検索してね♪

 

 

巨蟲列島 4巻のネタバレ感想です。

 

お堂に逃げ込む千歳たち
千歳は睦美を助けにいこうとしますがアツシに止められ拘束されてしまいます
それを見た甲斐は一人お堂を出て睦美を助けにいこうとします
そこに青山がやってきて、先生を助けるために力を貸して欲しいとお願いし、甲斐と関係を持ちます

この人達こんな状況でも簡単にヤリますね・・・
甲斐君は良い人だけど

 

ジグモの巣で目を覚ました睦美と先生は蜘蛛の糸で拘束されていました
その糸は動くと締まる仕組みになっていたため動けません

その時、ジカバチの羽音が聞こえてきます
その音に反応したジグモは2人を引き連れ巣を出て行きます
しかし、外にジカバチはいませんでした
甲斐が録音したジカバチの羽音をフスマをスピーカー代わりに流していたのです

*携帯のスピーカー部分を下にしてテーブルなどにおき、音楽を流すと音の振動がテーブルに伝わり大きな音に聞こえるそうです♪

 

その音にジグモが戸惑っている間に、甲斐と青山は2人を救出に向かいます
睦美の救出に成功しますが、途中でジグモが先生を引きずっていきます
糸が体に食い込んでいきバラバラにひきちぎられる先生…

泣き叫ぶ青山を尻目に、反撃を開始する睦美
甲斐は放心状態の青山を抱えジグモから逃げ回ります
隙を突いて睦美はジグモの背中に飛び移り、ジグモの糸を使いジグモを拘束
睦美がジグモの腹に移動したときジグモは睦美を牙で刺そうとしますが、睦美は間一髪で逃げジグモは自分の牙で自分の腹を刺してしまいます

みんなの所に急いで戻ろうとする睦美
青山は睦美を見ながら
「アンタが死ねばよかったのに…」

青山・・・アンタも死ねばよかったのに…

 

一方、神社ではアツシが暴走していました
自分に従わない者を追放すると言い、桃崎に裸になり救助が来るまで自分に奉仕しろと命令します
泣きながら裸になる百瀬
そこにドウガネブイブイの集団が襲いかかってきます

指導者がいなくなって烏合の衆となったグループ
混乱するみんなを見て千歳は、睦美の代わりになろうと決意します
美鈴に拘束を解いてもらい、みんなに服を脱いで全裸になるよう言います
虫たちはミネラルが欲しくて人の汗を舐めているため、汗を吸った服を脱ぎ水を浴びて汗を流すよう指示します

女性陣は裸になることに抵抗が無くなってますね・・・

 

虫たちが服の汗を吸っている時、睦美たちが戻ってきます
ドウガネブイブイは睦美たちに襲いかかりますが、睦美は甲斐にお堂の床下にある本松明を燻して煙を出すよう指示します

睦美はお堂の中をお香の煙で充満させ、みんなに逃げ込むように言います
睦美に指示で甲斐はお堂の周りに松明を置き、煙で虫の撃退に成功します

煙により安全地帯が完成し安心したメンバー
その時、甲斐があるもの指差します
それは、海に浮かぶ船でした
救助がきたと喜ぶメンバー

完全孤立の島ではなかったのですね♪

 

しかし狼煙を上げ自分たちの場所を示しますが、救助はやってきません
千歳は夜になっても助けが来なければ明朝に海岸に出発することにします
睦美は血の匂いに敏感な蟲達がいるので、怪我があった場合は血液を拭き取るよう指示します

夜、青山は睦美のリュックにちぎれた先生の手を入れ
「先生… 私の復讐に手を貸してください…」

手だけに、手を貸して・・・ってアホか…

 

翌朝、救助船が居る湾に向かい出発する睦美たち
しかし睦美は近くに恐ろしい個体がいることを心配していました
先生の遺体もジグモの躯も食べ尽くされていたのです

カメムシの匂いに気がつく睦美
カメムシの生態を調べようと睦美がリュックを開けると先生の手が出てきます
恐怖する一同

逃げ出すアツシにカメムシが襲いかかり、アツシの腕はカメムシに刺され腫れてしまいます
松明でカメムシを追い払う睦美たち

絶体絶命の中、銃を持った救助隊に睦美たちは助けられます
川辺に避難した睦美たち
彼らは猟友会海上保安官
海上保安官の女性は「涼子」という名で、猟友会の「おやっさん」の娘でした
話をしていると突然猟友会の1人が蟲に連れ去られ食べられてしまいます
襲ってきたのはヤゴでした

蟲に対しては銃も絶対ではないのですね・・・

 


 

先生が死んだと思ったら、青山が悪意を継承していましたね
1人では何もできないくせに・・・
アツシと青山が今後どんなバカなことをするのでしょうか
まぁバカだから仕方ありませんね

さて、やっと救助がきましたね
タイムスリップでも、パラレルワールドでもなく現代だったわけですが
取りあえず自衛隊来てくれないの?
でも、そうなったら圧倒的な火力で蟲達を殲滅してハッピーエンド?

今後は島外の人との関係も重要になりそうですね♪

 

5巻につづく

「巨蟲列島」5巻のネタバレ感想はこちです。


 

ebookjapanで無料試し読みできますよ♪

⇒無料試し読みはこちら♪
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
※「巨蟲列島」と検索してね♪