今日から推しに躾けられます【Dom/Subユニバース】 無料ネタバレ!|憧れの俳優の自宅で♡

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

前のネタバレはこちら

 

 

ソファーに押し倒されて…

『柴龍之介の自宅だ~~~!!』

憧れの人の自宅に来て、純は目を輝かせ興奮します

 

純がソファに座ろうとすると、突然龍之介が純の腰に手をやり

「おいで」

と抱き寄せてきました

『ん?」

「あの…柴さん… なんか近いです」

純が戸惑っていると

「ああ…もしかしてシャワー先にあびたい?」

「俺はどっちでもいいんだけど」

と龍之介は純をソファーに押し倒して、首元にキスをしてきました

『もしかしてあれか!?あれなのか!?』

純は龍之介とマネージャーの会話を思い出します

そんな最中、純が棚にあるDVDを見つけます

それを見た純は興奮して逆に龍之介を押してしまいます

 

役者になりたいと思ったきっかけは龍之介のデビュー作

純は棚にあったDVDの中に一本の作品を見つけます

「あそこにあるDVD 柴さんのデビュー作『真冬の昼の月』ですよね⁉︎」

興奮しながら言う純

『真冬の昼の月』のDVDは今や入手困難になっていてマニアの間では高値で取引されているものでした

 

「純くん本当に俺のファンなんだね…」

純に圧倒される龍之介

「俺もっと演技が上手くなりたいんです 柴さんみたいに」

龍之介は最近は顔やDom性が好きといったことしか言われないため純の一言に驚きます

純は龍之介のデビュー作を見て感動し、龍之介のような役者になりたいと思ったと龍之介に告白します

 

憧れの人の前でSubの本能をさらけ出し・・・

「あの頃の俺を覚えててくれてありがとう」

龍之介はそんな風に言ってくれる子がいるとは思わなかったと純に言います

純はデビュー作の中でも特に最終回の公園のシーンが好きだと龍之介に言いました

そのセリフは龍之介も覚えていた龍之介は

「ずっと君と月を見ていたい Kneel(座って)」

と、龍之介がセリフを言うと

『ドクッ』

純の足はガクガクし、急に力が抜けて膝から崩れ落ちてしまいました

そして顔を赤くしトロッとした表情で

「おしおきしてください…っ」

と龍之介に言ってしまいます

それを見た龍之介は

『ゾクッ』

とし、舌なめずりをし

「……そうだね」

 

『今日から推しに躾けられます【Dom/Subユニバース】』についてはこちらにも詳しく書いたので、ぜひご覧ください♪

© 2022 まんが大好き「山田さん 」の漫画ネタバレ感想ブログ