『ゴム100箱、使い切るまで幼馴染とエッチします!』無料ネタバレ!|ゴムを着けたらアソコに挿入♡

凛に大量にあるコンドームが見つかってしまい

とっさにモテ期が来たと嘘をついた拓馬

そんな琢磨に

コンドームのつけ方を教えてくれと頼む凛

 

 

コンドームの着け方を教える条件は・・・

拓馬は条件付きで凜の申し出を受け入れることに

「このゴム100箱使い切るまでな!」

と言う拓馬

「なにそれ…!本気で言ってるの?」

と凜が顔をそむけたので、拓馬は冗談だと言って謝ります

ですが、凜は拓馬に後ろから抱きついて

「…好きに…すれば?」

と耳元でささやきました

 

コンドームをつける練習が・・・

「ほら、まずは自分で試してみ?」

拓馬は自分の下半身を露出させて、アソコを凜に触らせます

自分のアソコを触ってる幼馴染の凛

拓馬は我慢できなくなり、凛のお尻を触ってしまいます

「ちょっと!どこ触ってるの!」

本番はエッチしなが着けなければならないと、強引に凛を納得させます

「でもこれじゃ…本当に…Hしてるみたいだよ…?」

「着け方だけ教えてくれたらいいのに…」

拓馬は凛のアソコを触ります♪

・・・凛も足を開いて、まんざらでもないのかな?

 

気持ちよくなり、そのまま本番を・・・

凜はアソコを触られて、コンドームを着けるどころではなくなってしまいます

拓馬の手でアソコをせめられた凜は気持ち良くなって、イってしまいました

「まだまだ練習が必要みたいだな」

そう言った拓馬は、自らコンドームを着け、凜の股を開かせます!

「もっ…もう着け方はわかったから…!」

と凜は言いますが、拓馬は

「ゴムは着けてからが本番だろ…!?」

と凜に覆いかぶさって、凛のアソコに挿入しようとします・・・

 

「え…嘘だよねたっくん…?」

 

2人はこのままエッチしちゃうのでしょうか?

100箱のコンドームはどうなるのか・・・

先が気になりますね♪

 

『ゴム100箱、使い切るまで幼馴染とエッチします!』についてはこちらにも詳しく書いたので、ぜひご覧ください♪

© 2021 まんが大好き「山田さん 」の漫画ネタバレ感想ブログ