「ハジメテノサツジン」ネタバレ感想!|音は繭に罪をなすりつけるのか?

『ハジメテノサツジン』を読んでまず思ったのが

音はなぜ繭と悠を巻き込んだのか

そして特に繭に決断をさせたのか

決断というのは、気絶した吉川先生をどうするかってことです

音は執拗に繭に決めさせました

これが何かの布石になるのでしょうか?

 

今回はキーパーソンである音についてです

 

ハジメテノサツジン

 

音と澤木先生の関係は?

澤木先生は吉川先生と不倫してました

図書室でこっそりエッチなことも・・・

音は2人の関係に気づいていたようですね

 

そんな澤木先生は音とも関係があるみたいです

場所は同じく図書館

2人はキスをしています

 

今回の殺人は恋愛のもつれ???

 

殺人まで犯さなくても、お嬢様の権力で吉川先生をなんとかできたような気もしますが

 

音はなぜ繭と悠を巻き込んだのか?

吉川先生が倒れた時

音は気絶しただけだと言い切りました

そして、吉川先生をどうするのかを繭に決めさせます

 

音は繭と悠を共犯にしてしましいます。

 

明らかに謎が多い音

最終的に繭に罪をなすりつけるつもりなのでしょうか?

 

悠さえ取り込めば殺人を犯したのが繭だと
濡れ衣を着せることも可能です

 

音はかなりの策士っぽいので、音がちょっと心配です

 

 

『ハジメテノサツジン』についてはこちらにも詳しく書いたので、ぜひご覧ください♪

 

© 2021 まんが大好き「山田さん 」の漫画ネタバレ感想ブログ