『処女がどうした非処女がなんだ~私たちの初体験録~』無料ネタバレ!|非処女だってことをついに告白!

前のネタバレはコチラ

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

彼の誘いを何度も断るが…

美咲は『拓海処女厨説』が心をよぎってから、不安になっていきます

「うち泊まってく?」

「大丈夫!!!走れば終電間に合うから!」

 

そして、Hしそうな雰囲気になると避けるようになっていきます

しかし、もうどうやっても誤魔化しが利かない日がついにやってきてしまいました

次の日が祝日という日に、美咲は拓海の家へ・・・

拓海の部屋は綺麗に掃除をされ、アロマが焚かれ、そしてオシャレな間接照明が設置されていました

さらに、いつもよりお酒を飲む量が少ない拓海が

状況的に美咲は

「SEXしそうな要素しかない!」

 

「もしそういう雰囲気になったら、生理って言っちゃおっかな。でも、この前も生理って言っちゃった…!」

などと美咲が考えていると、拓海が隣に座ってきました

 

自分が非処女であることを拓海に告白・・・

「美咲ちゃん…」

拓海はブルブルと震えながら、美咲にキスをしようとしてきます

「ちょっ…ちょっと待って…」

美咲は拓海を突き飛ばしてしまいました

『しまった!』

と思う美咲ですが、拓海は

「ごめん…俺が経験ないからだよね?」

と空気を読めずにがっついたことを謝ってきます

「やっぱ俺なんかじゃ美咲ちゃんとは…」

「違うの!私が処女じゃないから、大丈夫かなって!」

美咲は拓海に自分が非処女であることをついに打ち明けました

美咲は大学生のときに学部のコンパで知り合った先輩と、雰囲気に流されそのままSEXしてしまったことを話します

「バカだった。ちゃんと好きな人とするまでとっておけばよかった」

と後悔する美咲・・・

 

拓海は処女厨なのでしょか

もしそうなら、美咲ちゃんはそんな小さな男とは早く別れればいいのに・・・

でも拓海はちがう・・・と信じたいですね

2人はどうなってしまうのでしょうか

続きが気になりますね♪

 

『処女がどうした非処女がなんだ~私たちの初体験録~』についてはこちらにも詳しく書いたので、ぜひご覧ください♪

© 2022 まんが大好き「山田さん 」の漫画ネタバレ感想ブログ